ついに、手にいれました

ついに、手にいれました。シャーク スチームクリーナー オールインワン。

『水だけて家中まるごと』の言葉に惹かれて、『シュワーシュワ、ブワァー』っとスチームだしてみたいわ。

こうなったら、止められないわたくし。

掃除機の時も、サイクロンか紙パックか迷いに迷って、紙パック。何故なら、掃除機の掃除が面倒だから。

面倒くさがりのくせに、ハマると徹底的にやらないと気が済まない。欲張りなわたしです。

ちなみに、我が家には、9ヶ月の赤ちゃんがいるので、清潔にしておきたい。

特に気になるのは、ハイハイをして人間モップと化していること。

ご飯作る時も、足元にやってくるから、油やら水やら粉やらが、、、。

食事の時もやっぱり、こぼすのは日常茶飯事。

食事の時の汚れって、油とかペタペタした匂いのあるものが多いから、そこは掃除機では無理。

年末の大掃除も色んなこと理由に手抜きしてばかり。

そんな時、私の物欲スイッチが入った訳で、、、シャークスチームクリーナー購入を決意。

何故、ここのものに決めたか、まぁ、単純だけど、ショップジャパンで楽しそうに掃除してたからっ。

ここでは、前、痩せたいブームの時におおちゃくでも出来るあれを買ったことあったし、名前が知られてる会社ってことは、安心。

実際私の知り合いは、昔、訪問販売ですっごいお高いスチームでるやつを購入したものの今は、お蔵入りらしい。

なので、後悔しないお手頃なものに決めたのでした。

決意した夜の8時に注文して休日挟んだから?3日後の午後に手元にきました。

商品到着

代引きで注文したので、今から伺いますの電話から数分、赤ちゃんと玄関で待ち受けてました。

一歳児くらいの大きさですね。

さっそく開けると、また箱が、、、パッケージは真っ白。経費削減かしら?

脇には、専用トレイ&明細書とチラシ&子供の大好きな梱包材が入ってました。

白い箱を開けるとまたまた箱

なんだろう

中身

中身は、これとこれ。

すべて、並べるとこんな感じ。

そしてモップをセットしてみます。基本のモップは、2枚ついてきました。装着は、マジックテープで、脇にループが付いてるので楽ちんでした。

はいっ、赤ちゃんがくいつきました。

ポイントはマジックテープが立体的になっていること。こうなってると本体とモップがジャストフィット、考えてあります。

全部、セットして並べました。

はじめに組み立てが必要みたい。矢印を合わせたところで

付属のドライバーでキュキュッと締めます。

ドライバー、ずんぐりむっくりで可愛いわぁ~、もちろん、自宅にあるものでOK。でもワザワザ工具箱開けなく良いなんて親切。でも、一応、我が家のと比べました~。左が付属品。

はいっ、出来上がり~。他は、カチャッカチャッっと組立てます。

使ってみます

さて、さっそく使ってみたいと思います。あっ、でも水を入れるには、本体を横向きにしないと、せっかく組立てたけど、外します。

まずは、キャップを開け、専用の容器で水を入れます。

あはっ、よそ見したらこぼしましたが、水の量は丁度いいみたい。

〈この容器の置き場所を考えなくては&漏斗あると便利かな〉

キャップを締めて、またセットします。今度こそ、プラグキャップを外して、コンセントにさしました。
OFFONボタンは無く、コンセントをさすとsteam controlボタンが青いランプが点灯します。

ここから、
1回ボタンを押すと、(1)弱。
2回ボタンを押すと、(2)中。
3回ボタンを押すと、(3)強。
もう一回で、スチームOFF、点滅。

試しに(1)弱で、ボタンを押すと、ウィーンウィーンカッチカチ、シュワージュワッと音がして、4~5秒でスチームが出てきました。

(3)強にすると、ゴッゴゴボッジュワッみたいな、あきらかに出る量がちごいます。

アイロンのスチーム想像してたから、熱いかな?と心配したけど、かけている分には、平気です。

とりあえず、試してみたいので、我が家の廊下をかけてみます。毎朝は、◯ス◯◯モップで一往復している場所です。

ジュワーー

さぼった証拠、頑固な汚れ

モップだけでは取れない汚れがピッカピカ

結果は、あらら、残念。こんな感じです。モップでは、綿ぼこりしかとれてなかったのかぁ~。

(1)スチームだとすぐ乾くけど、欲張って、(3)にすると結構スチーム出るので、ちょっと床は湿っぽくなりますので注意してね。場所や汚れ具合によって、選ぶといいみたい。

赤ちゃんオンブして雑巾掛けをするパワーが無くて、、、。反省します。専用の台において、いったん終了


失敗しないスチームクリーナーの通販

page top