シール

三歳児、子供のいたずらは止まりません。

小児科帰りの薬局でシールをもらってくると、必ず戸か床にベッタリと貼られています。
最近の高級なシールは、貼ってはがせるので親をイライラさせないのですが、タダでもらえる薄い紙のシールの粘着力の凄い事凄い事。

なかなか剥がれないとついついイライラしちゃいます。

そして私は、いつか使うかもと、紙袋や空き瓶をとっておいてしまいます。

が、これもシール同様、すぐ剥がれるのと、なかなか剥がれないのとあります。

こないだ買った茶碗にもぺったりと値札が貼ってあり、剥がすの失敗したからまだ使ってません。

これをとるにはまず、お湯にしばらく浸した後にタワシでゴシゴシします。

何とかとれるけど、物によってはキズがつくんです。

そして、思いつきました。

そうだ、スチームをあててみよう。

ジャムの瓶

このジャム瓶も輸入もので、最近の日本製のように親切なシールでは無く、しっかりべったり剥がれないタイプです。

スチームではがしやすくなるか試します。

はがせるまで、赤ちゃんと協力してはがしましたが、これが限界。

これは、前回も使った直接スチームが出るやつ再度登場、勝手に命名スチームペンギン君です。

ボタンを握ります。

瓶の蓋にシューって当ててみますね。こんな感じ。

途中、ちょっと剥がしてみます。

おーっ、ノリがびよ~んと伸び、まだベタベタしてるので、もう一度。

ストレスフリー

もう少しあててみましたが、紙はとれたけど、まだノリがついてます。

それもスチームをあてて温かいうちに、手でこそげるようにするととれました。大成功。

さあ、シールはがしの日を決めてまとめてやることにしよう。

これで、また私のストレスがひとつなくなりました。


失敗しないスチームクリーナーの通販

page top